WELLNESS  FOOD


腸には、身体の免疫力機能は60%が集中していると言われています。

悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化することで、便秘や肌荒れ、免疫力の低下に繋がり風邪をひきやすい身体に繋がります。

発酵食品は、善玉菌が多く含まれている為、善玉菌を優勢にする効果にも期待ができ、結果風邪をひきにくい体に繋がります。

現代での食事スタイルは減り、動物的性食品や、欧米型のジャンクフード、ファーストフードに席巻されつつあります。

かつての日本の食事には、植物線維が豊富に含まれていました。

発酵食品も同時に食べて、腸の中は、乳酸菌がふんだんにある餌を食べて増殖できる環境でありました。

しかし、今では植物繊維の摂取量が減少して、代わりにタンパク質や脂質が増加して、善玉菌が増えにくい状態になっています。

サプリメントも普及していますが、乳酸菌は発酵食品から摂取しないと、腸内ではなかなか増えません。普段から発酵食を積極的に食すことを私達は、オススメしています。

昔から医学も科学も進歩していない中、人類が生存してきた理由は、この食育方法で生きてきたのではないでしょうか?

健康で美しいを目指すのが、WELLNESS FOOD.

YOKO  TEACHER

*服部幸應先生の食育インストラクター資格所得

*発酵食品ソムリエ資格取得

乳幼児から高齢者の栄養学や調理の基礎テクニックを皆様に簡単に伝授できたらと思います。

目的別ヘルシー献立レシピや食品の栄養学も参考にして下さいね。

今話題の食育講座をYOUTUBEから配信します。



MEGUMI TEACHER

*フードコーディネーター資格取得

*薬膳コーディネーター資格取得

 

国家資格 保育士取得後、保育士として30年活躍し

食品としてのインスタグラムを始める。

幼稚園から高校生のお弁当が大人気

 

 

 


発酵食品

発酵食品とは、ビタミンCやカロテン、ポリフェノールなどの抗酸化物質が豊富にあります。

発酵食品を摂取することで、体内で増えすぎた活性酸素を除去して、正常なバランスに整えてくれる他、美肌に欠かせない、アミノ酸や酵素なども効率よく摂取できるのが、発酵食品になります。

免疫力アップ効果もあり、体内の酸化をふせぐ効果もあります。

無添加食品

無添加商品とは、食品添加物に分類されるものや合成添加物が使われていない食品です。

食品添加物には、加工肉名護に使用される発色財や色味の強いお菓子などに使用される着色料、輸入柑橘類などに使用される防カビ剤のことです。

食品添加物を避けることで、腸内環境が整い、アトピーやじんましんが改善される他、お肌もキレイをたもてる効果があります。

免疫力アップ向上食品

免疫力とは、病気を免れる力です。外からやってくる病原体などの異物や、体内で生じた異常な細胞などを排除して自分を守る反応することです。免疫には生まれた時から体内に備わっている自然免疫力・生きていく中で少しずつ備わる獲得免役があります。

自然免疫の仕組み

第一段階で皮膚や毛髪などが病原体の侵入を防ぎ

第二段階で粘膜が殺菌物質で防御します

第三段階でやっと免疫細胞が反応して病原体から身体を守る効果があります。

免疫力アップする食材でのレシピをご紹介していきます。